整理収納教育士は、教育現場や子育てに関わる方たちに、整理収納の知識と技術を伝え、片付けやすい環境を作るプロです。また、整理収納教育等を通じて、「教育現場」「家庭」「子どもたち」の思いをつなぐ役割も担っています。

お問合せ
上位資格の受験資格 実践保育力検定のご案内
子ども片付け知育玩具
教育士のおススメするお片付け絵本
年齢別アドバイス
受講者属性
資格取得者専用ページ

講師紹介

安部 多佳子 (あべ たかこ)

インテリア商社で9年間、数多くの邸宅や店舗のコーディネイトを手掛ける。出産を機に退職。1男1女の子育て中に、保育士を取得し幼児教室の仕事に携わる。1歳~7歳迄の子ども達と関わる中で幼少教育の可能性を実感。子どもが育つ・家族に優しい・心地よい住空間をモットーに活動中。
Cozy Room(家族に優しいインテリア・片付け)  http://ameblo.jp/abetantakatan
子供の整理収納教育への思い
子ども時代の片付け教育は、子ども達の自信と、沢山の生きる力を育むことのできる、身近で有効なツールです。忙しいお母さんは楽になる、親子関係はよくなる、家族の笑顔が増える、と良いこと尽くし。子どもと大人、双方にとって素晴らしい整理収納教育を、一緒に楽しく実践していきましょう!

金田 玲子 (かねた れいこ)

日本女子大学児童学科卒。都内で幼稚園教諭として勤務後、夫の故郷岩手県に移住。大の片付け下手だったが整理収納を学び快適な環境への転換を実現。その経験を元に整理収納アドバイザーとしてこれまで講座等で4,000名以上に整理収納のコツを伝授。
岩手県初の整理収納コンサルティングstyle-R  http://style-r-life.com/
子どもの整理収納教育への思い
私自身、片付けが苦手な幼稚園教諭でした。整理収納を学ぶことで私も子どもも幼稚園では片づけられるのに家では苦手な理由も明確になりました。子ども時代の整理収納教育は自立と生きる力に繋がります。その環境を整える為には周りの大人が整理収納を身に付けることが必須。この講座を通しその一助となれましたら幸いです。

朝倉 由子(あさくら ゆうこ)

インテリアコーディネーター歴20余年。1,500棟超の建物のインテリアに携わる。 整理収納と出会い、目からウロコの感動と奥の深さに資格を取得。このスキルを伝えたく整理収納アドバイザー2級認定講師となる。のち、子どもにも整理収納教育が必要と(株)整理収納教育士認定講師となる。
 tonall(となる)代表 ブログ http://tonall.jugem.jp
子どもの整理収納教育への思い
子どもへ自ら学んだ整理を教えながらもつい手や口を出してしまう。しかし考える時間を与えると子どもの整理は早いのです。躾とは違う導き方を知りました。子育ては「自分で考えられる子」「自立力」がとても大事と感じています。 子どもにこそしっかりとした整理収納教育が必要であることを伝えていきたいと思っています。

脇屋 早百合(わきや さゆり)

「整理収納教育士認定講師」
「実践保育力検定Basic Class認定講師」
幼稚園教諭、保育士として保育現場に携わる。二児の母。整理収納の力が子どもの自立に与える影響を目の当たりにし、まず大人が知ることの大切さを痛感。保育者、親、整理収納教育士の三つの視点から、子どもと大人、家庭と教育現場をつなぐ活動を展開。
子どもの整理収納教育への思い
「片づけができる」これは子どもが生活の中で小さな達成感を積み重ね、自信を持ち、自立へと繋がる貴重な経験です。その環境を作ってあげられるのは周りの大人しかいません。これに気づくだけで、子どもはぐんと成長し、大人はもっと楽しく子育てができるはず。大人も子どもも笑顔でいる為に整理収納に目を向けてみませんか。

柴田 祥子 (しばた さちこ)

長男(2001年)、次男(2003)、長女(2014)の3人の子育てに日々奮闘中。空間を整えるお仕事で『整理収納とインテリア』、意識を整えるお仕事で『整理収納教育と職場改善教育』を行う傍ら、整理収納アドバイザー2級認定講師・時短家事コーディネーター認定講師を務め、シアワセでゆとりある暮らしを提案・啓蒙する活動をしている。
シアワセ空間計画室  https://smile-de-ss.jimdo.com/
子どもの整理収納教育への思い
息子たちが幼少期、部屋中に散乱したおもちゃを見て「早く片づけなさい!」と急かすだけの日々でした。でも、整理収納教育士の講座で“整理収納しやすい脳~ファイリング脳~”を知り“脳育”を実践している長女は、お片付けが好き♪こんなにも子育てが違う!子どもと関わる全ての人に幼少期の整理収納教育の大切さを伝えていきたいと思います。

山﨑 千寿(やまさき ちず)

「整理収納教育士認定講師」「片づけ遊び指導士認定講師」
整理収納を学び、片づいた先の未来をみるようになり、片づいて気持ちいい♪嬉しい♪楽しい♪楽♪と実感。2016年より個人宅のお片づけサポート、PTA講演会、公民館講座、親子で学ぶ片づけセミナー、幼稚園、保育園でのお片づけ教室などを開催。
子どもの整理収納教育への思い
高等学校、中学校、幼稚園の体育教諭、自身の子育て経験から、知育、徳育、体育、食育と同じくらい大切だと気付いた整理収納教育の重要性を出来るだけ早い段階で子どもに関わる全ての方に知って頂きたいとの想いで誠心誠意お伝えします。輝く未来を持った子どもの自主性を育む整理収納教育です。

仙波 礼子(せんば れいこ)

「整理収納教育士認定講師」「片づけ遊び指導士認定講師」
元小学校教師。2児の母。塾講師の傍ら、2011年より個人さま向けお片付けサービスを開始。人の生き方をも前向きに変える 「整理収納」の効果を実感し、現在は、整理収納アドバイザー2級認定講座等も開催。モットーは「片付けるのはモノ、片付くのはこころ」。
おまとめ倶楽部 https://ameblo.jp/hibiomatome/
子どもの整理収納教育への思い
子供教育に携わった27年間に、子ども達の「生きる力」の低下を、肌で感じています。幼少期からの「自分で決めて、実践し、達成感を得る」体験には、「整理収納」が最適です。自己肯定感の体得と同時に、脳も活性化され、子どもの自立力が高まります。保護者・教育関係者の皆様と協力し合い、子育てのお手伝いができれば幸いです。

阿久津 紫乃(あくつ しの)

「整理収納教育士認定講師」「片づけ遊び指導士認定講師」

これまでに大手中学受験塾で1500組以上の親子の学習相談などに携わる。
小学生までの間の家庭教育の大切さを実感する中で
「子どもの自立」をテーマにした整理収納教育士と出会い、親でも教員でもない第三者の視点から、保護者や先生たちに整理収納教育の大切さを伝えている。
イーラボEducation+Labo https://sh-edu.wixsite.com/sh-edu

子どもの整理収納教育への思い
子どもは興味を持ったモノ、自分自身で選んだモノに対して探求心を発揮します。自ら考え判断し、選択する力を育てる整理収納教育は、子どもの自立を促すだけでなく、未来に向かってワクワクと目を輝かせる子どもたちを育てることに繋がるのだということを、一人でも多くの方にお伝えできればと思っています。

小池 こず枝(こいけ こずえ)

長野県南信在住。保育園、小学校への勤務経験や2児の母として子育てをしながら、「子ども×整理整頓」というテーマを持つ。子どもに特化した整理収納について学びを深めたいと、片づけ遊び指導士認定講師、整理収納教育士認定講師を取得。整理収納コンペティション2018では、教室環境づくりの研究発表にて最優秀新人賞を受賞。
子どもの整理収納教育への思い
二人の娘の整理収納教育は、2016年長女が8歳、次女が5歳から始めました。我が家は、「子どもが自分からやりたくなっちゃう(工作や料理、片づけなど)部屋づくり」をテーマにしています。2年経った今、娘たちのモノの持ち方、片づけ方だけでなく、時間の使い方、コミュニケーションのとり方まで変化がでてきています。片づけも遊びの1つ。どうしたら子どもが自分から意欲的に取り組めるのか、その仕組みや仕掛けをお伝えします。

谷口 有里(たにぐち ゆり)

1981年生まれ。愛知県刈谷市在住。学生時代は教育を学び、幼小中高の教員免許を取得。現在は二人の娘を育てながら、講座や自宅セミナーの開催、整理収納作業を行っている。片づけが苦手だった過去を持つ。
整理収納のトビラ  https://www.seirinotobira.com/
子どもの整理収納教育への思い
整理収納を学び、実践したことで、自身の気持ちや暮らし方が大きく変化し、“整理収納にはとてつもないパワーがある”ことを実感。これを子どもの頃から実践できたら、どんなに素晴らしいでしょう。それには周囲の環境や大人の関わり方が大きく影響します。子どもの自立を促す整理収納を、楽しくお伝えしていきます。

樋口 梨恵(ひぐち りえ)

子どもがいると片付かない!と当たり前のように言う友達、塾勤務中にも生徒の行動に対して様々な疑問を持つ中、この整理収納と子どもの自立が同時に学べる資格を知る。実は片づけが苦手。でも、日々の子育て(2017~)でいかに実用的かを実感する中、同じように幼児を抱える親やプレママに向けて活動中。
 KuRaShi no Hintshttps://ameblo.jp/rie-in-h
子どもの整理収納教育への思い
人生に影響する幼児期の環境。子どもは知識と経験が少ないだけで沢山の可能性を秘めています。整理収納で物的環境を整え、教育士独自の理論で人的環境を学び実践することで、子どもの自ら考え判断し選択する「生きる力」を育てます。親の押し付けではなく、「自己決定」で子どもの満足度を高める方法を、あるある事例で納得しながら一緒に楽しく学びませんか?

 吉井 瑞紀(ヨシイ ミズキ)

某住宅メーカーにて新築・リフォーム営業を経験。その後「整理収納×お掃除」で、もっとお客様の暮らしに寄り添いたいと考え【ぐんま整理収納サポートここから】を立ち上げ、群馬県や埼玉県を中心に活動。「どんな暮らしがしたいですか?」とお客様の生活をより豊かにするご提案をさせていただきます。
 ぐんま整理収納サポート ここから  https://kokokara-gunma.com
子どもの整理収納教育への思い
保育園に通う娘の母です。お片づけ教育を幼少期にしっかり学ぶことで、お子様の判断力や自立心を育てることができます。
毎日、忙しいお母さんがもっとラクに家事ができるようになり「片付けない!」と怒る生活から、笑顔たくさんの家庭にしてみませんか?
お子様とお母さんをはじめとする大人が「もっと笑顔になる」そんな整理収納教育をお伝えします!

 森永 典子(モリナガ ノリコ)

京都市在住。子育て真っ只中の1(2014年~)の母。元片付けられない主婦で、整理収納AD2級認定講座を受講し整理の大切さを実感。整理収納教育も学び、その大切さを伝えるため認定講師となり活動している。
子どもの整理収納教育への思い
“早く片付けなさい”整理収納教育のことを全く分かっていなかった頃の私の口癖でした。 
講座を受講して実践すると、整理収納教育が子どもの自信や成長・自立に繋がることを実感でき、関わる大人も多くの気付きや発見があり時間や心にゆとりが生まれます。幼少期からの整理収納教育の必要性を楽しく事例を交えてお伝えします。

 つちや しづな

東京都在住。1男1女の母。

ブライダル企業からの転身。お片付けが苦手だった自らの経験を生かし、整理収納サービスや情報化社会を生き抜く力を育む子育て世代に寄り添った整理収納セミナー講師として活動中。
子どもの整理収納教育への思い
以前まで、散らかった悪環境な家で子どもは毎日不機嫌な私に怒られ夫婦喧嘩も多かった我が家は整理収納を学び一変。
整った我が家には家族の笑顔が増え人が集まり、子どもは自ら学びお手伝いをし夫婦仲も良くなりました。
そんな子どもの成長のみならず周りの人も環境も幸せにする整理収納教育をお伝えします!

 西岡 明子(ニシオカ アキコ)

2017年より、個人様のお宅の整理収納サービスを主に活動。

整理収納教育を学び、子育てや家事に対して肩の力を抜くことができた経験をもつ。片付けを通し、「人を元気に!家庭の笑顔の輪を繋ぐ」ことをスローガンにしている。

明窓飾enjoy(めいそうしょく) 
子どもの整理収納教育への思い
整理収納教育は子どもの財産になるスキルが満載です。
大人が正しい知識を知り、伝える事は子どもの無限の可能性を広げる土台作りです。
さぁ!一緒に学びましょう!