整理収納教育士は、教育現場や子育てに関わる方たちに、整理収納の知識と技術を伝え、片付けやすい環境を作るプロです。また、整理収納教育等を通じて、「教育現場」「家庭」「子どもたち」の思いをつなぐ役割も担っています。

お問合せ
上位資格の受験資格 実践保育力検定のご案内
子ども片付け知育玩具
教育士のおススメするお片付け絵本
年齢別アドバイス
受講者属性
資格取得者専用ページ

年齢別アドバイス

「はじめてのお片づけ」 1~2歳対象

・はじめてのお片づけという意識を持つ。理解できるのはいつごろから?

 モノの分類ができるのは、一般的には3才頃と言われますが、整理収納教育士として接してきたお子様たちの中には、2才で食事や着替えなどができるようになってくるお子様もいらっしゃいました。
 子どもの成長に合わせ 、2~3才頃から「片づけ」という言葉を使って、意識付けをしていくとよいでしょう。
 0歳~3歳くらいまでは、模倣の時期ともよばれ、親や周りの大人のすることをとても良く観察しています。「片づけができる子どもに」と考えるのなら、0歳児のころから、まず親自身がそのお手本となるよう片づけをする姿を見せてあげるようにしてください。
 また、好奇心のかたまりであるこの時期は、「なぜ」「どうして」を連発し、冒険に挑む時期でもあります。おもちゃに限らず、モノを出したり入れたりすることに興味をもち始めたら「片づけ」を促すのにいい時期だと思います。「片づけ」を楽しい遊びの一つとして、ゲーム感覚で片付けを体験させ、 「すっきりして気持ちがいいね」と言葉かけをすることで、片づけは楽しく気持ちの良いものだと繰り返し経験することから学んでいくことが大切です。

 

・小さなお子様のいる家庭のお片づけのポイント

 ポイントその1.《わかりやすい工夫》
 ☆自分のおもちゃだけをしまう場所を決める(兄弟のおもちゃが混ざっていたり、おもちゃ以外のモノが混ざっていたりすると迷います。自分のおもちゃとそれ以外のモノは、分けてしまえる場所を作りましょう)
 ☆おもちゃの種類ごとに箱で分け、ラベルをつける
 車、ぬいぐるみ、ブロックなど、種類ごとにしまえるように、箱で分けましょう。また箱には何をしまえばよいのか、絵でラベルをつけておくと分かりやすいでしょう。

 ポイントその2.《取り出しやすい工夫》
 中に入っているものがパッと見てわかる程度の量にする、高さや奥行がある箱に入れると大量におもちゃを入れすぎてしまいます。取り出しやすさからも、高さや奥行が浅い箱に入れるようにしましょう。

 ポイントその3.《整理整頓を促す工夫》
 ☆子どもに判断をさせる
 「入りきらなくなったおもちゃはどうすればいい?」
 「おもちゃがぎゅうぎゅう詰めでこわれてしまいそうだけど、どうする?」
 「これはここでいいのかな?」「おもちゃが仲間はずれになっているよ」

 ☆片づけを遊びの一部として考える
 片づけるときには歌を歌う
 「よーいドン」で片づけをする(その時早ければいいというモノではない、丁寧にする事も評価したい。)
 何個片づけられたかゲームをする(数のゲーム)

 

・お母さんの(お父さん)の声かけのコツなど。

 「片づけ」とは、今やっている行動に“片をつける(けりをつける)”ことだとも言えます。片づけをすると次にする行動がスムーズにできるようになります。片づけたことで、先の行動を予測できるような言葉をかけるとよいでしょう。例えば「ごはんにするから片づけよう」とか「寝る時間だから片づけよう」と、何のために片づけをするのかを分かりやすく伝えてあげるとよいでしょう。