整理収納教育士は、教育現場や子育てに関わる方たちに、整理収納の知識と技術を伝え、片付けやすい環境を作るプロです。また、整理収納教育等を通じて、「教育現場」「家庭」「子どもたち」の思いをつなぐ役割も担っています。

お問合せ
上位資格の受験資格 実践保育力検定のご案内
子ども片付け知育玩具
教育士のおススメするお片付け絵本
年齢別アドバイス
受講者属性
資格取得者専用ページ

講師紹介

魚林 佐起子 (うおばやし さきこ)代表

2003年より株式会社シンプルすまいらいふ代表として、整理収納・インテリア・リフォームを中心に「あなたに合った暮らし方」を提案企画し続け、現場対応の累計は2000件以上に及ぶ。また、セミナー・講演は幼稚園・保育園・小中学校の教育関連だけで40件以上、資格講座などを合わせると1500件以上を行ってきた。大手企業の社員研修や、整理収納のプロとして収納家具の企画監修なども行っている。
<保有資格>
NPO法人ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー2級認定講師・アカデミアマスター、公益財団法人インテリア産業協会認定 インテリアコーディネーター、一般社団法人ライフスタイル協会認定 リビングスタイルスト、一般社団法人ライフオーガナイザー協会認定 マスターライフオーガナイザー一般社団法人実践保育力検定、実践保育力検定ベーシッククラス認定講師
整理収納のスキルを身を付ける事で、大きく人生が変わります
モノコトから学ぶ自立整理収納教育。その効果は、沢山の学校や一般家庭、施設の現場対応から感じたことです。幼い頃から片付ける意味を理解できるように伝え、整理収納のスキルを身を付ける事で、大きく人生が変わります。周りの大人の対応が子どもの自立に繋がります!是非、今、変わりませんか?

下村 桂子(しもむら けいこ)執行役員

2000年整理収納サークル「収納くらぶ」を立ち上げ個人レッスンを開始。家事全般を得意とし、各種セミナー・講師として活動。主婦目線での整理収納・家族へのアプローチ方法など、寄り添う整理収納をモットーとしている。
<保有資格>
NPO法人ハウスキーピング協会認定 整理収納コンサルタント・整理収納アドバイザー2級認定講師・アカデミアマスター、調理師、一般社団法人実践保育力検定、実践保育力検定ベーシッククラス認定講師
未来を担う子どもたちに楽しく整理収納を伝えたい
整理収納力・お片付け力が高ければ、生活が楽しく楽になる。
子どもの頃から学ぶことで無理なく誰でも片付け上手になれます。未来を担う子どもたちに楽しく整理収納を伝えたい。子どもにかかわるすべての大人に伝えたい実践していただきたい。
あなたの子どもへの接し方ひとつで、子どもの力が最大限に引き出されます。

長谷川 敦子(はせがわ あつこ)執行役員

国内・海外での様々な仕事や学びを経て、現在は教育士認定講座をはじめ、日本の整理収納理論を海外へ伝えるためのプロジェクト、企業講座・マニュアルの作成、商品の開発、オリジナルの整理収納セミナーや個人宅での整理収納サービスなどに携わっている。
<保有資格>
NPO法人ハウスキーピング協会認定 整理収納コンサルタント・整理収納アドバイザー2級認定講師・アカデミアマスター、一般社団法人実践保育力検定、実践保育力検定ベーシッククラス認定講師
日々の整理収納を通して
時間やお金を上手に使うスキルを身につけることが
子どもの生きる力につながると実感
講座やセミナーで子育ての話や悩みを聞いて思うのは、子どもが自分の身の回りのことを自分でできるようになり、それを習慣づけることで、お父さん・お母さん、先生たちの負担が軽減され、よりよい関係を築くことにもつながるということです。モノや情報があふれる暮らしの中で、適切に取捨選択できる力、日々の整理収納を通して時間やお金を上手に使うスキルを身につけることが、子どもの生きる力につながると実感し、多くの人に整理収納教育の大切さを伝えるため、活動をしています。

松本 文江(まつもと ふみえ)執行役員

「セミナーで理解、実践で納得、身に付けて財産に」の信条は1000件以上の現場と100件以上のセミナー講座で生まれたモノ。広島県を中心に関西、九州で家庭、会社、自治体などで整理収納のアドバイスを行っている。
<保有資格>
NPO法人ハウスキーピング協会認定 整理収納コンサルタント・整理収納アドバイザー2級認定講師・アカデミアマスター、一般社団法人日本経営協会認定 ファイルングデザイナー2級、一般社団法人遺品整理士認定協会認定 遺品整理士、一般社団法人実践保育力検定、実践保育力検定ベーシッククラス認定講師
子どもの時代に身に付いた習慣は
『当たり前』にできる素晴らしい財産になります
子どもからの整理収納教育は、社会に出ても役に立つスキルです。
また、子どもの時代に身に付いた習慣は大人になって身に付けるよりも『当たり前』にできる素晴らしい財産になります。
周りの大人はそんな財産を子どもたちに与えてあげて欲しいと思います。
 

道久 礼子(みちひさ れいこ)執行役員

「特技は整理収納とお掃除。自分の家は片づけるところがなくなったからどこかしたい!」という理由から整理収納アドバイザーになる。“モノ“は少なく”心”は豊かにをモットーに、今だけキレイではなく、キレイが続く暮らしを提案している。
<保有資格>
NPO法人ハウスキーピング協会認定 整理収納コンサルタント・1級認定講師・アカデミアマスター、特定非営利活動法人日本防災機構認定 防災士、四国防災協同教育センター認定 災害・危機対応マネージャー、一般社団法人防災備蓄収納プランナー協会 防災備蓄収納1級プランナー、一般社団法人実践保育力検定、実践保育力検定ベーシッククラス認定講師
整理収納された環境がいかに大切であるかを
伝えていきたい
初めての子どもが双子。一気に増えていくモノの量にただ唖然としながら子育てを経験しました。減らしてはすぐ増やす生活の中で「今、必要なモノしか置かない」を実践。そのような経験から、幼い子どもでも「自分のことは自分で」を促すために、子ども目線での整理収納を考えるようになりました。子どもを育てる上で、整理収納された環境がいかに大切であるかを伝えていきたいと考えています。
 

桑原 美栄子(くわはら みえこ)

千葉県松戸市在住(宮城県石巻市出身)  2012年 整理収納アドバイザー2級認定講師  2017年 整理収納教育士講師  小さい頃から収納が得意。パズルの様に収納していく。整理収納理論に出会い、自己流の考え方が全く違っていたことに気付く。整理とは、収納とは、学ぶことが出来ます。
整理収納研究所(SS-LAB.)  http://ss-lab.jimdo.com
子どもの整理収納教育への思い
私は、整理収納講座を受講するまで、整理収納のやり方を誰からも教えてもらっていませんでした。ほとんどの方も同じだと思います。同じ状況が今もあります。この教育士で、親、先生が整理収納を学び、子供に伝えることができます。子供が小さい時からモノに対しての考え方を通して、素晴らしい人生を歩んで欲しいと思います。

政木 ちか (まさき ちか)

娘の私立幼稚園受験を期に幼児教育に興味を持ち、付属の小学校に入学後幼児教育に関する勉強を始めました。娘の中学受験、大学受験において、私自身もたくさんの情報をもらい経験も致しました。勉強だけでなく、お片づけと教育の関係もあるということを知り、私も講師として伝えていきたいと思い現在活動しております。
片づけ教育コンサルティング 代表 https://masaki48.wixsite.com/kataduke
子どもの整理収納教育への思い
お子様が整理収納を理解する為には、お母様や保育指導者の理解も必須です。「片づけなさい」と一方的に怒るのではなく、年齢に応じた言葉かけや対応を理解して頂いたら、遊びから片づけへ上手に切り替えることができるはずです。勉強も同じです。自ら考え、行動できるようにするにはどうしたら良いか、講座を通してアドバイスしていけたらと思っております。

瀧本 真奈美(タキモト マナミ)

1年半に亘るTVレギュラー出演、雑誌監修他メディア経験多数。
インテリアから整理収納までのアイデアを日々提案するSNSは4万人を超えるフォロワー数。日本各地でセミナー、ワークショップを行う。元看護師。
クラシング  https://www.kurashiing.com/
子どもの整理収納教育への思い
子育てを終えた今、片付かない部屋にイライラが募り、ただ叱るだけだった自分に後悔しかありません。片づけは本来もっと楽しくて、快適なもの。自らの失敗を通して得たことを織り交ぜながら、「片づけ遊び」をお伝えしていければと思っています。大人も子どももより良い暮らしへ。そのお手伝いを精一杯させていただきます。

藤丸 直子(ふじまる なおこ)

旅行会社にて添乗業務に従業し世界約30カ国に渡航。現在は英語教室を経営し、心理カウンセラー、産業カウンセラー、ビジネスマナー講師、調理師、整理収納教育士及び片付け遊び指導士認定講師として幅広く活動。
語学院ブリリアント http://brilliant-tl.com/
子どもの整理収納教育への思い
子どもは遊びが大好きです!「よく遊び、よく学べ」・・・遊びから子供は学び、成長していきます。幼少期から「片付け」を遊びにして、子どもがモノを通して自分で考える、選ぶ、決める、分ける、それが自立力につながると考えています。大人も一緒に遊びから学ぶ整理収納教育の大切さをお伝えしていきたいです。

野間 和美(のまかずみ)

3世代6人暮らし。「お片づけの先にある笑顔づくりをお手伝い!」をコンセプトに整理収納に関わる業務を展開。幼稚園や小学校のPTA向けの講演、行政主催の講演多数。遊びながらお片づけを学べる整理収納知育玩具「おかたづけキッズパズル」の企画開発を行う。
おうちじかん https://www.outijikan.com/
子どもの整理収納教育への思い
子育て関係のボランティアを10年以上続ける中で、たくさんの親子と関わらせていただきました。愛すべき子どもたちが、自分の力でしっかりと生きていくために、整理収納教育は不可欠だと思っています。発達段階に応じた整理収納のスキルを身につけることができるように、精一杯サポートさせていただきたいと思っています。

近藤 直子(コンドウ ナオコ)

名古屋を中心に整理収納サポートの提供やお片づけ講座を開催。
2児の母。2015年に整理収納を学び、人生が大きく変化した。
子どもにも整理収納教育の必要性を強く感じ、子の成長を願うお片づけ法を発信している。
子供の整理収納教育への思い
整理収納を学んだ時「子どもの時に教えてもらいたかった」と強く感じました。
子ども達も整理収納を身につけることで、生活しやすい空間を作るだけではなく、自信となり、生きる力が育まれます。
大人と子どもで楽しみながらお片づけを学び、子ども達のより良い成長を応援する皆様のお手伝いをさせていただきます。

仙波 礼子(せんば れいこ)

元小学校教師。2児の母。塾講師の傍ら、2011年より個人さま向けお片付けサービスを開始。人の生き方をも前向きに変える 「整理収納」の効果を実感し、現在は、整理収納アドバイザー2級認定講座等も開催。モットーは「片付けるのはモノ、片付くのはこころ」。
おまとめ倶楽部 https://ameblo.jp/hibiomatome/
子どもの整理収納教育への思い
子供教育に携わった27年間に、子供達の「生きる力」の低下を、肌で感じています。幼少期からの「自分で決めて、実践し、達成感を得る」体験には、「整理収納」が最適です。自己肯定感の体得と同時に、脳も活性化され、子供の自立力が高まります。保護者・教育関係者の皆様と協力し合い、子育てのお手伝いができれば幸いです。

真野 久美子 (マノ クミコ)

整理収納の理論に興味を持ち2015年に整理収納アドバイザーになる。幼少期からのお片付け重要性に気づき 、整理収納教育士・片付け遊び指導士講師を取得。整理収納サポート・親子で参加きる講座を開催。少しでもお客様と同じ目線で寄り添いながら、一緒に悩み考え笑顔か溢れる 幸せな空間を伝えていきたと考えている。
癒しの快適収納 Natural style  https://ameblo.jp/natural-style-kumi/
子どもの整理収納教育への思い
娘も嫁ぎ子育てを終えた今、改めて思う事は、幼少期から整理収納を習慣化する事が本当に大切だという事。怒って教えるではなく、楽しく遊びから物事を順序立てる事や 、色んな場面で計画的に行うなど、子供は様々社会において必要な事を学んでいきます。親に頼らず自分で判断できる子供に、自立力に繋げていってほしと願っております。整理教育は、生きていく上で最も重要な事だと思っております。

小池こず枝(コイケコズエ)

長野県南信在住。保育園、小学校への勤務経験や2児の母として子育てをしながら、「子ども×整理整頓」というテーマを持つ。子どもに特化した整理収納について学びを深めたいと、片づけ遊び指導士講師、整理収納教育士を取得。整理収納コンペティション2018では、教室環境づくりの研究発表にて最優秀新人賞を受賞。
子どもの整理収納教育への思い
二人の娘の整理収納教育は、2016年長女が8歳、次女が5歳から始めました。我が家は、「子どもが自分からやりたくなっちゃう(工作や料理、片づけなど)部屋づくり」をテーマにしています。2年経った今、娘たちのモノの持ち方、片づけ方だけでなく、時間の使い方、コミュニケーションのとり方まで変化がでてきています。片づけも遊びの1つ。どうしたら子どもが自分から意欲的に取り組めるのか、その仕組みや仕掛けをお伝えします。

関口 淳子(セキグチ ジュンコ)

埼玉県熊谷市在住 2016年整理収納教育士 2018年片付け指導士認定講師  ノーマライゼーション ファシリテーター 保育園 、児童館 、障害児施設等の勤務を通して幼少期の片付け教育の大切さを痛感し整理収納を学び始めました。

インスタグラム my_happy_daily_life_junjun

子どもの整理収納教育への思い
私は、整理収納教育士講座受講を機に片付けの方法について何も教えられていなかった事に気づき「片づけ苦手=ダメ人間」と自分を責めてきた思いからも解放されました。片付けは教わって習得するもの。お片づけ指導士講座は遊びを通して学びます。この楽しいツールを一人でも多くの方にお伝えしてゆきたいと思っています。

阿久津 紫乃(あくつ しの)

これまでに大手中学受験塾で1500組以上の親子の学習相談などに携わる。
小学生までの間の家庭教育の大切さを実感する中で「子どもの自立」をテーマにした整理収納教育士と出会い、親でも教員でもない第三者の視点から、保護者や先生たちに整理収納教育の大切さを伝えている。
イーラボEducation+Labo https://sh-edu.wixsite.com/sh-edu

子どもの整理収納教育への思い子どもは興味を持ったモノ、自分自身で選んだモノに対して探求心を発揮します。自ら考え判断し、選択する力を育てる整理収納教育は、子どもの自立を促すだけでなく、未来に向かってワクワクと目を輝かせる子どもたちを育てることに繋がるのだということを、一人でも多くの方にお伝えできればと思っています。