学校・企業コラボ

学校・企業コラボレーションにて活動

①企業 今までの『資格をさらに一般化』

保育士資格を取得や園などで研修をしてきた法人、一般社団法人実践保育力検定協会の資格『実践保育力検定』をもっと一般的にとりやすく学びやすくした『実践保育力検定ベーシッククラス認定講座』と『認定講師による雇用』企画提案による関東以外の地域運営。

『実践保育力検定ベーシッククラス認定講座』日程はこちらから

※一般社団法人実践保育力検定協会


②山口大学から依頼にて共同研究

ゼミ研究内容に弊社『片づけ博士チーム』と共同研究

『研究題目』
行動変容を促す整理収納教育プログラムの開発と教育効果
※期間2019年1月~7月 詳細掲載はこちらから


③ 遊びながら“片づけと防災のきほん”が学べる出前授業

[プログラム名]「整理収納防災防犯かるた」を使って、”整理収納と防災・防犯を楽しく学ぶ”

[対象] 幼稚園(4才~)、小学校、中学校

[期間] 2019年4月~12月

[目的] 
•自らの危険を予測し、回避する能力を高める防災教育の推進
• 周りの状況に応じ、即座に「行動につなげる態度」の育成

[概要] 整理収納を習慣化させることで防災防犯につなげてもらおうと「整理収納・防災・防犯かるた」を制作しました。かるた遊びを繰り返すことで、片づけの基本と防災防犯の約束を覚えてもらうことが狙いです。頭に記憶された大切なことが必要な時(災害時)にアウトプットされ自分の身を守れるようになることを目指します。

https://www.smart-beans.net/karuta


④ 第7回防災・危機管理人材養成シンポジウムにて成果報告

【四国防災・危機管理プログラム養成講座とは】

香川大学と徳島大学が連携して危機管理マネージャーの人材を養成する取り組みです。 「整理収納・防災・防犯かるた」は当プログラム実務演習時に考案したものです。養成講座終了1年後に商品化しました。

【第3期修了生として成果報告】

地域の学童保育、子ども食堂を定期的に訪問して 「整理収納・防災・防犯かるた」を使い、遊びながら片づけや防災の大切なルールを覚えてもらう活動を発表しました。